クレヨンの落書き帳

落書き帳のように書きたいことを自由に書くブログ

プレミア12 決勝戦を観戦!やっぱり野球は素晴らしい。

昨日、プレミア12の決勝戦を見に

東京ドームへ行ってきました!

f:id:crayonkun:20191118204502j:image

巨人ファン歴10年にして

初めての東京ドーム。

 

しかも、国際試合の決勝戦という

激アツな展開でした。

 

見に行ったよ。と人に言うと

「よくチケットが取れたな。」

と言われました。

 

確かに、日本の決勝進出が決まった後だと

買えなかったかもしれません。

 

僕は、日本が決勝まで勝ち上がると信じて

大会が始まる前からチケットを買っていました。

 

当然、日本が負ければ

外国同士の試合を見る羽目になるわけですから

日本戦は観戦にも緊張感がありました。

 

代表ユニフォーム

応援には、やはりユニフォームは必須!

ディズニーランドに行って

耳を付けて楽しむのと同じ。

 

誰のユニフォームを買おうか

悩んだ末に

f:id:crayonkun:20191118204532j:image

我らがジャイアンツ 坂本勇人にしました。

やはり、坂本の人気は凄まじく

白色のユニフォームは既に完売。

ビジター用のユニフォームしか

ありませんでした。

 

野球界の顔である 坂本・山田・鈴木

この3名のグッズは、ほとんどありませんでした。

 

いざ、試合開始

f:id:crayonkun:20191118204626j:image

両軍のスタメンが発表。

日本代表の先発は 山口俊

f:id:crayonkun:20191118204600j:image

ここまで2戦投げてますが

お世辞にもナイスピッチとは言えないもの

シーズン中のピッチングを期待したのですが、

 

1回から、まさかの3失点。

ストライクがまともに入ってなかった上での

ホームランですので

 

場内からは、

半端じゃない野次が飛んでました。

 

そして、試合翌日のメジャー挑戦表明、、、

期待していなわけではありませんが

正直、通用するのか?と疑問があるところです。

 

応援の一体感が凄まじい

f:id:crayonkun:20191118204816j:image

364°日本の応援団(1°くらい韓国応援団)

ですから

応援歌の声量も半端ではありません。

 

特に、山田哲人が3ランを放った打席での

応援歌は1番気合がこもっていました。

 

応援が響いたのか

見事に逆転3ラン!!!

これには、全身から鳥肌が立ちました。

 

山田のここ1番での集中力

打撃不振でもスタメン起用した稲葉監督の決断が実を結びましたね。

 

世界を経験し、さらに化けそうな甲斐野

 

さらなる飛躍が楽しみなのは

山本・甲斐野の2人

 

とくに甲斐野

ヒット1本も許さない完璧なピッチング。

 

国際試合での接戦の中

150キロ連発。

 

とてもルーキーとは思えません。

 

来年のオリンピックでも

きっと選ばれるでしょう。

 

10年ぶりの優勝!

f:id:crayonkun:20191118204837j:image

最後のバッターを三振で打ち取り

見事優勝!

 

ここまで来て

韓国の胴上げだけは見たくなかったので

本当に良かったです。

 

最後に

f:id:crayonkun:20191118204900j:image

優勝できたからこその感想かもしれませんが

やはり野球は素晴らしいと感じました。

 

球場全体で応援する一体感というか

スポーツ観戦の醍醐味を改めて感じました。

 

来年のオリンピックも

きっとやってくれると信じています。

 

メジャー組も合流してくれたら

いいんですけどね〜。

5年ぶりの巨人優勝!!

 

やったー!!

巨人が5年ぶりに優勝😂

 

全国のジャイアンツファンの皆様

やっと、この日がきましたね。

 

2位との10.5ゲーム差を0.5ゲームまで詰められた時はヒヤヒヤしましたが

なんとか死守しての優勝!!

 

今年、原監督が復帰して

1年目での優勝!

 

もう、原監督は偉大すぎます。

1回目も2回目もジャイアンツを

優勝に導いているわけですからね。

 

今年のジャイアンツは

若手〜ベテランまで偏ることなく

活躍していました。

 

若手で印象に残っているのは

・中川

・若林

・増田

・岡本

 

この1年で中川は頼もしいリリーフに成長

怪我で離脱した吉川の穴を埋めるように

若林・増田の台頭

 

増田は守備・走塁がメインではありましたが

今日の試合では決勝打を打ちました。

 

増田は、元々鳶職人ということで

そこから育成で3軍から這い上がってきた

選手です。

 

この姿を見て

現在3軍の選手達も強くなってほしいですね。

 

岡本もシーズン途中で苦しみながらも

30本の大台にのせてきました。

やはり、4番は岡本ですね。

 

今日、優勝がかかった試合で登板した戸郷

5回2失点とホームランは打たれたものの

150キロを連発するピッチングでした。

 

とてもプロ初先発の19歳とは

思えないマウンドさばき

来年から楽しみな選手になりましたね。

 

中堅では

・坂本

・山口

 

今年の優勝は2人の活躍が

大きかったと思います。

 

坂本はキャリアハイの39本塁打

ショートで39本はエゲツない数字

キャプテンとしてチームを

引っ張ってきました。

 

原監督が2度目の監督を辞任した翌年から

坂本はキャプテンに就任しました。

 

しかし、チームは低迷

Bクラスでシーズンを終えるという屈辱も味わいました。

 

そして、今年

就任5年目にして優勝しました。

 

決定した際の坂本の涙は印象的でしたね。

 

投げては、現在15勝中の山口

今年は、不調だったエース菅野に変わり

投手陣をけん引してきました。

 

FAで加入した年に

暴力事件を起こした山口

 

はっきり言って

活躍するとは思わなかったですし

期待もしてなかった。

 

しかし、そこからの15勝

脱帽です。

 

来季は 菅野との2枚看板で頑張って欲しい。

 

ベテランでは

・亀井

・炭谷

 

亀井は37歳ということもあり

今年から控えに回ると思っていたのですが

 

いざ、始まってみれば

打率2割後半の2桁本塁打

1番バッター

 

この活躍ぶりは凄すぎる

巨人の得点には

いつも亀井が絡んでいる印象でした。

 

炭谷もFAで獲得した際は

絶対いらない。と思っていました。

 

結果論にはなりますが

炭谷の獲得は正解でしたね。

 

やはり

ベテランのキャッチャースキルは頼もしい。

後輩の小林・大城も勉強になった部分が多かったと思います。

 

ポスト阿部として

小林と大城には成長して欲しいです。

 

今年の巨人は控えも頼もしかったです。

・阿部

ゲレーロ

・陽

 

実績を残している選手が控えています。

相手も気が抜けなかったと思います。

 

最後に

今年の巨人を見ていて感じたのは

「最後まで諦めない」

という感じがありました。

 

負けていても土壇場で同点、逆転という場面が

去年に比べて多いような気がしました。

 

今日の試合だってそうです。

9回表で山崎が出てきた所で

「今日はダメだな」と多くの人が思ったはず

 

そこから同点!

そして10回に逆転!

 

やはり、勝利に対する執念が違いましたね。

 

昨年まで3連覇していた広島も

同じような逆転劇を何度も起こしていましたからね。

 

ゲームセットまで諦めない姿勢が大事だと感じました。

 

さぁ、次は日本一だ!

 

そのためには

クライマックスで勝たなければいけません。

 

僕の予想では

再び、DeNAがリベンジしてくると思います。

 

日本一奪還へ!

GO!GO!GIANTS!

全球場・ドーム制覇の旅 人生初のヤフオクドームへ! ソフトバンク対日本ハムを観戦

野球観戦が趣味である僕には

小さな夢があります。

 

それが全球場とドームを制覇することです。

 

現在、3箇所を巡りました。

・京セラドーム

甲子園球場

ナゴヤドーム

 

記念すべき4つ目は

f:id:crayonkun:20190814203908j:image

福岡ヤフオクドーム!!

福岡ソフトバンクホークス

ホームグラウンドであり

ドーム球場の規模は12球団でトップ

さらに国内で唯一開閉式ドーム

となっています。

 

この日は夏休みとお盆が重なっていたために

ドーム内は満席の状態でした。

 

f:id:crayonkun:20190814204000j:image

ヤフオクドームといえばスクリーンのデカさ!

写真からじゃ伝わりきりませんが

やはりスクリーンがデカいとスタメン発表の

迫力が桁違いです。

 

 

両軍のスタメン

この日のゲームはソフトバンク日本ハム

f:id:crayonkun:20190814204018j:image

スタメンはこんな感じ

ソフトバンクは前日に

グラシアル・中村晃などの主力が

復帰し攻撃力が増している状態。

 

怪我でギータが見れないのは残念でしたが

個人的には清宮がスタメンなのが嬉しかった。

 

さらに、この日の先発が和田毅

あの和田の投球が生で見れるとは

f:id:crayonkun:20190814204046j:image

今回は、この位置から観戦です。

ちなみにチケット代は4500円でした。

 

7回のジェット風船

7回に飛ばすジェット風船

f:id:crayonkun:20190814204106j:image

ドーム内で飛ばすと綺麗ですね。

 

余談ですが

ジェット風船と聞くと阪神タイガース

イメージが強いですが

実は始まりは広島東洋カープらしいです。

 

広島ファンが甲子園で風船を飛ばしたのが

始まりだとか・・・

 

また

トランペット応援も広島始まりらしいです。

今の応援スタイルを確立したのは

広島ファンなんですね。

 

試合結果

f:id:crayonkun:20190814204210j:image

結果は3対6でソフトバンクの勝利

ヒット数的には日本ハムの方が

多かったのですが

チャンスの場面での凡退が多すぎました。

 

試合のヒーロー

今回の試合のヒーローは3人!

f:id:crayonkun:20190814204258j:image

まずは和田毅

5回1失点で勝ち投手

特に1回の3者連続三振は痺れました!

ホームランを打たれるもののナイスピッチでした。

 

f:id:crayonkun:20190814204315j:image

次は甲斐野央

7回 1アウト 2、3塁のピンチの場面で

2番 太田 3番 近藤を連続三振に

打ち取りました

決め球のフォークがキレてましたね。

本当に頼もしいルーキーですね。

甲斐野に森とソフトバンクは中継ぎ陣がしっかりしてますね。

 

f:id:crayonkun:20190814204336j:image

最後はデスパイネ

2ホームラン5打点の大暴れ

カリブの大砲に火がついてました。

1発目に関しては詰まった当たりだったのですが

そのままスタンドへ掘り込みました。

やはりパワーが違いますね。

 

最後は花火で勝利を祝う

f:id:crayonkun:20190814204520j:image

ソフトバンクが勝ったということで

最後は花火が上がって終了。

 

やはりお金がある球団はエンターテイメント性にもの

抜かりがありません。

 

最後に

今回、人生初のヤフオクドームということで

ソフトバンク戦を観戦してきました。

 

広い球場に満員の観客席で

とても楽しかったです!

 

それとともに

やはりソフトバンクは強すぎると感じました。

 

チームの顔である柳田がいない状態でも

首位をキープしていますからね。

 

巨人ファンとしては1番やっかいな相手です。

日本シリーズで対戦することがあれば

あの攻撃陣をどう抑えるかが決め手になりますね。